2013年2月1日金曜日

Exchange2010インストール関連
■Exchange組織の作成
【cmd】
組織名:Exchange2010
setup.com /PrepareAD /OrganizationName:Exchange2010


■サーバ役割のインストール
【PowerShell】
Import-Module ServerManager
・HUBサーバ
Add-WindowsFeature NET-Framework,RSAT-ADDS,Web-Server,Web-Basic-Auth,Web-Windows-Auth,Web-Metabase,Web-Net-Ext,Web-Lgcy-Mgmt-Console,WAS-Process-Model,RSAT-Web-Server,Web-WMI
・CASサーバ
Add-WindowsFeature NET-Framework,RSAT-ADDS,Web-Server,Web-Basic-Auth,Web-Windows-Auth,Web-Metabase,Web-Net-Ext,Web-Lgcy-Mgmt-Console,WAS-Process-Model,RSAT-Web-Server,Web-ISAPI-Ext,Web-Digest-Auth,Web-Dyn-Compression,NET-HTTP-Activation,RPC-Over-HTTP-Proxy,Web-WMI
・MBXサーバ
Add-WindowsFeature NET-Framework,RSAT-ADDS,Web-Server,Web-Basic-Auth,Web-Windows-Auth,Web-Metabase,Web-Net-Ext,Web-Lgcy-Mgmt-Console,WAS-Process-Model,RSAT-Web-Server,Web-WMI
・HUB/CAS/MBX
Add-WindowsFeature NET-Framework,RSAT-ADDS,Web-Server,Web-Basic-Auth,Web-Windows-Auth,Web-Metabase,Web-Net-Ext,Web-Lgcy-Mgmt-Console,WAS-Process-Model,RSAT-Web-Server,Web-ISAPI-Ext,Web-Digest-Auth,Web-Dyn-Compression,NET-HTTP-Activation,RPC-Over-HTTP-Proxy

※インストール後の再起動を自動にする場合は、コマンドの最後に「-Restart」を付ける。

■必要コンポーネントのダウンロード
・Microsoft Office 2010 フィルタ パック
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17062
・Microsoft Office 2010 フィルタ パックSP2
 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39668
・Microsoft Exchange Server 2010 SP1 言語パック バンドル
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=22812




  MBXサーバ関連
■メールボックスデータベースの作成
【Exchange Management Shell】
サーバ名:MBXSV01
データベース名:mbxdb01
データベース保存先のパス:C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\Mailbox\mbdb01
トランザクションログ保存先のパス:C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\Mailbox\mbxdb01
new-mailboxdatabase -Server 'MBXSV01' -Name 'mbxdb01' -EdbFilePath 'C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\Mailbox\mbxdb01\mbxdb01.edb' -LogFolderPath 'C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\Mailbox\mbxdb01'


■メールボックスデータベースのマウント
【Exchange Management Shell】
データベース名:mbxdb01
mount-database -Identity 'mbxdb01'


■メールボックスデータベースの制限の設定
【Exchange Management Shell】
データベース名:mbxdb01
警告を表示するサイズ:450MB
送信を禁止するサイズ:480MB
送受信を禁止するサイズ:500MB
Set-MailboxDatabase "mbxdb01" -IssueWarningQuota 450MB -ProhibitSendQuota 480MB -ProhibitSendReceiveQuota 500MB


■メールボックス作成
【Exchange Management Shell】
ドメイン名:domain.local
OU:Users
ユーザ名:山田 太郎
エイリアス名:taro_yamada
データベース名:mbxdb01
Enable-Mailbox -Identity 'domain.local/Users/山田 太郎' -Alias 'taro_yamada' -Database 'mbxdb01'

■メールボックス作成(OU内すべてのユーザをまとめて作成)
【Exchange Management Shell】
ドメイン名:domain.local
OU:役員
データベース名:mbxdb02
get-user | Where-Object{$_.distinguishedname -like "*ou=役員,dc=domain,dc=local"} | Enable-Mailbox -Database "mbxdb02"


■メールボックス移行
【Exchange Management Shell】
ドメイン名:domain.local
OU:Users
ユーザ名:山田 太郎
メールアドレス:taro_yamada@domain.local
移動先のデータベース名:mbxdb01
'domain.local/Users/山田 太郎' | New-MoveRequest -TargetDatabase 'mbxdb01'
または
'taro_yamada@domain.local' | New-MoveRequest -TargetDatabase 'mbxdb01'
メールアドレス指定の方がOUを気にしなくていいので◎

※メールボックス移行をタスクで実施するには以下の通り
メールボックス移行のコマンドをPS1ファイルで保存:C:\Exchange_script\mailbox_move.ps1
実行するバッチファイル名の中身↓
PowerShell.exe -command ". 'C Files\Microsoft\Exchange Server\V14\bin\RemoteExchange.ps1'; Connect-ExchangeServer -auto; C:\Exchange_script\mailbox_move.ps1"


■データベースを削除しようとしたときに、調停メールボックスがあるため削除できない的なメッセージが出たときの対処
【Exchange Management Shell】
mbxdb01の中身を確認
Get-Mailbox -Database 'mbxdb01' -Arbitration
表示されたメールボックスをmbxdb02に移動
※多分3つのメールボックスが邪魔していると思うので下記コマンドで移動
Get-Mailbox -Database 'mbxdb01' -Arbitration New-MoveRequest -TargetDatabase 'mbxdb02'

■「電子メールアドレスポリシーに基づいて電子メールアドレスを自動更新する」のチェックを外す
【Exchange Management Shell】
(メールボックス移動のときに電子メールアドレスポリシーを適用させたくなかったため使用)
ユーザ名:山田 太郎
Set-Mailbox - Identity '山田 太郎' -EmailAddressPolicyEnabled $False


CASサーバ関連
■CASアレイ作成
【Exchange Management Shell】
CASアレイ名(FQDN):CASARRAY.domain.local
CASアレイを作成するサイト:Default-First-Site-Name
New-ClientAccessArray -Fqdn CASARRAY.domain.local -Site Default-First-Site-Name

■CASサーバとデータベースを紐付する
【Exchange Management Shell】
CASサーバ:CASARRAY.domain.local
データベース名:mbxdb01
Set-MailboxDatabase -Identity mbxdb01 -RPCClientAccessServer CASARRAY.domain.local


HUBサーバ関連
■ルーティンググループコネクタの作成(Exchange2003組織との接続するときに実施)
【Exchange Management Shell】
ルーティンググループコネクタ名(Exchange2003から2010へ接続):Exchange2003-Exchange2010
ルーティンググループコネクタ名(Exchange2010から2003へ接続):Exchange2010-Exchange2003
Exchange2003側サーバ:Ex2003
Exchange2010側HUBサーバ:HUBSV01
コスト:10
・Exchange2003-Exchange2010を作成
New-RoutingGroupConnector -Name 'Exchange2003-Exchange2010' -SouceTransportServers Ex2003 -TargetTransportServers HUBSV01 -cost 10
・Exchange2010-Exchange2003
New-RoutingGroupConnector -Name 'Exchange2010-Exchange2003' -SouceTransportServers HUBSV01 -TargetTransportServers Ex2003 -cost 10


■ヘッドブリッジサーバを追加したいとき
【Exchange Management Shell】
追加ヘッドブリッジサーバ(Exchange2010側):HUBSV02
Set-RoutingGroupConnector -Name 'Exchange2003-Exchange2010' -SouceTransportServers Ex2003 -TargetTransportServers HUBSV01,HUBSV02 -cost 10

Set-RoutingGroupConnector -Name 'Exchange2010-Exchange2003' -SouceTransportServers HUBSV01,HUBSV02 -TargetTransportServers Ex2003 -cost 10
※必ず元からあったサーバも入力すること

その他
■配布グループのスコープをグローバルグループからユニバーサルグループに変更(ドメコンで実施)
【cmd】
グループ名:役員
ドメイン名:domain.local
dsmod group cn=役員,cn=Users,dc=domain,dc=local -scope U